Concept

TABUNKAは「にほん語教育」を請け負います。

「日本語教育を必要とする場」は、日本語学校、専門学校、大学などの教育機関だけではありません。最近、以下のような場に応じた「にほん語教育」の必要性が高まっています。
日本の企業で働く外国人のためのビジネスマナー教育
介護や看護の現場での「外国人職員研修」 
生活者として地域に暮らす外国人の「冠婚葬祭マナー指導」や「快適な近所づきあい教室」
日本の伝統的な祭りに参加する外国人のための「地域の伝統文化教室」
学習塾で学ぶ「外国人児童の日本語教育」etc.  

 TABUNKAは従来の「日本語を教えるなら日本語教師が担当!」という概念を捨て去り、「にほん語で行われるコミュニケーションの場でのニーズに即した迅速で効果的な「にほん語教育」を請け負います。

Service

1.大学・専門学校・日本語学校でのJpackクラスサポート

  大学・専門学校の日本語科や日本語学校の悩みの一つに毎年繰り返される「学生数」の変動があります。
  TABUNKAのJpack派遣事業は増減するクラス数を請け負い、教務の負担を減らします。 

2.介護・看護の現場で働くための「にほん語教育」Jpack

  ここ数年、人手不足を補うために外国人を職員として雇う企業が増えました。
  その外国人スタッフが日本人とより良いコミュニケーションが取れるように指導します。

3.日本企業で働くための「にほん語教育」Jpack

  日本の企業で働くための「電話応対」「対人マナー」「ビジネスにほん語」など、
  新人教育のお手伝いをJpackクラス派遣事業で行います。

4.日本で暮らす外国人のための「災害避難対策易しいにほん語」Jpack

  日本で暮らす外国人が地震や大雨にあう危険性がある場合にその非難を「やさしいにほん語」
  で伝える県・市・区役所職員のトレーニングや外国人住民への「にほん語教育」Jpack

5.日本文化を教えたい人、習いたい人のための「日本文化教育」Jpack

  日本文化を「にほん語」で伝えたい、習いたい人のために「日本文化」に特化した「にほん語教育」

6.塾に通う外国人児童のための「にほん語教育」Jpack

  塾で習う「国語」とは全く違う「にほん語」を教えます。
  日本人が学ぶ「英会話」のようなもの、と思ってください。