Concept

困ってませんか?‟日本語教育”!

            今、日本で暮らす外国人のための‟日本語教育”の必要性が急速に高まっています。
        
TABUNKAは日本で学び、日本で働く外国人をサポートします。

          TABUNKAは 
         ・現場に応じた適切な‟日本語教育”を提供
         ・働く現場、学びの現場にピッタリの‟テキストと教材”を準備
         ・共通の教授法と日本語教師の資格を取得した‟プロのトレーナー”を配置
         ・にほん語能力向上の成果を‟数字で示すことができる

         ‟にほん語クラス”を提供します。

Service

TABUNKAにほん語クラス提供例

  • 1.大学 専門学校 日本語学校
  •   大学や専門学校の日本語科や日本語学校の悩みの一つは毎年繰り返される「学生数」の変動です。
           TABUNKA「にほん語クラス」を提供し、各機関のお悩みを解決いたします。

  • 2.日本語能力試験(JLPT)等の資格試験準備講座
  •    TABUNKAの‟日本語教育”は「成果を見せる授業」です。一定期間に 一定の授業を受ければN2、
          あるいはN3に何人合格できる、という基準を設けて授業を行います。 

  • 3.ビジネス日本語

       日本の企業で働くための「雇用体系・会社内、会社外での‟にほん語”の使い分け・顧客との対話等
           話し方の技術・日本人社員との交流方法」など、新人教育のお手伝いをJpackクラス派遣事業で行います。
          日本の会社で日本人と共に働くための常識やノウハウも一緒に学びます。

  • 4.外国人従業員研修
  •    ここ数年、人手不足を補うために外国人を職員として雇う企業が増えました。
         その外国人スタッフが日本人とより良いコミュニケーションが取れるように指導します。
       また、資格試験のための受験対策講座も用意しています。

  • 5.地域のにほん語クラス
  •    外国人労働者が増える、ということは、そのまま地域で暮らす外国人が増える、ということにつながります。
        
    隣に住む外国人が、お向かいに住む日本人と互いに理解し合い助け合う環境を作るための
           ゛にほん語クラス”は不可欠です。
    「日本人と共に暮らすためのマナーや常識」を学びます。

  • 6.文化を学ぶにほん語クラス
  •     日本の文化を学んでもらいたい!だから英語の通訳をつけて、というのはいかがなものか?
       日本のことを学ぶのであれば、やはり゛にほん語”から初めてほしい。お茶を学ぶ前に「お茶の‟にほん語“」
          「日本の祭りを見る前に簡単なお祭りの‟にほん語”を勉強すると、もっと日本にに近づける!

  • 7.子どものにほん語
  •        日本で育つ外国人の子どもたちは、日本社会の中で物の見方や考え方を学ぶため私たちと同じ「日本人」として育ちます。
       この子たちには「第二の母国語」としての‟にほん語トレーニング”と、日本語を通して日本人と交わる機会を
            たくさんもたせてあげたい、と思います。 学習塾などに‟子ども にほん語クラス”を提供します。

  • 8.災害対策にほん語クラス
  •      日本を訪れる外国人観光客が、地震や台風、洪水にあう危険性はますます高まっています。
      その時の非難を「やさしいにほん語」で伝えることが必要です。TABUNKAはこの“災害避難対策講座”を
            国や県・市から請け負って、空港や港などで実施できたらいいのに、、、と思っています。 

  •